よいオフィスビルの探し方

オフィス

企業のほとんどは賃貸オフィスを利用しています。賃貸オフィスは土地やビルを建てる必要がなく、支店作りや起業場所を探す方に重宝されています。オフィスはその企業の顔になります。立地条件にはお客以外に社員や取引先の視点も含めて選択する必要があります。

詳しく見る

RECOMMEND POST

レンタルオフィスの魅力

ビル

賃貸オフィスを借りるメリットには、プライベートと仕事を切り離す事ができる事や、ビジネスを行う上で必要になる機材の設置が比較的簡単に行えるという点です。また家賃を会社の経費として損金算入できることも大きなメリットの一つです。

詳しく見る

オフィス賃借に必要な費用

オフィス

賃貸オフィスを借りる際にかかる費用は、大きく契約時にかかる費用と、契約後にかかるランニングコストの2種類に大別されます。契約時にかかる費用には仲介業者に対して支払う仲介手数料と、不動産オーナーに対して支払う敷金があります。契約後にかかるランニングコストは家賃と共益費となります。

詳しく見る

レンタルオフィスの特徴

スーツの人達

賃貸オフィス特有の設備には、多数のオフィス機器の設置に対応する電源施設やランケーブル配線、それにセントラルヒーティング型のエアコン施設などがあります。また、オフィスの入り口のセキュリティシステムも充実しています。

詳しく見る

自分にあった場所を選べる

婦人

賃貸オフィスを借りるときは現地に足を運んでみるのオススメです。騒音や携帯電話の電波が届くかも重要なポイントですし、周囲の環境は会社のイメージにもつながるので安全面にも注意しましょう。避難経路を設置する義務もあるので、非常階段の場所をチェックするのも忘れないでください。

詳しく見る

気軽に借りれるオフィス

従業員

事前の準備

日本は、ある都市への集中化が進んでおり政府の政策として、地方創生総合戦略が積極的に行われています。都市化が進む中、地方への移住者や地域活性化が各自治体の政策として行われています。一方、都市部においては新たに賃貸オフィスというビジネスも行われており、需要も増えてきています。この賃貸オフィスとは、賃貸契約を結び自社で独占出来るオフィスを確保するオフィス形態のことであり、創業や起業における一定規模の人数を必要とするビジネスを行う起業に向いています。賃貸オフィスを利用するのメリットとしては、自社オフィスという信頼感を得る事が出来ることや自社でスペースを独占出来るために内装なども自由に設計する事が出来る点があげられます。一方、デメリットとして賃料だけでなく入居時に保証金が発生することやOA機器やインターネット環境などのビジネスに必要な設備等の導入に多くの費用と手間がかかる点です。さらには、起業後のビジネスの成長スピードにあわせて柔軟に対応することが難しいことが挙げられます。オフィスの移転に際しては、オフィス移転の目的を明確化することです。これにより、賃貸オフィスを利用するための物件探しが全く異なるためです。賃料や間取り、レイアウトなどを考慮し何を一番優先させるかを確認して物件を絞り込みます。契約に関しては、入居申し込みをしてオーナーによる信用調査で問題がなければ、無事に賃貸契約となります。保証金や敷金の契約内容、手付金などの確認も忘れずに行う必要があります。その後、オフィス移転の目的に合わせてレイアウトの決定や業務に関する手続き等を行い、最後に引越しとなります。オフィスの移転に係る期間は、一般的に約6ヶ月とも言われていますので、余裕を持った計画を立てる必要があります。

Copyright© 2017 開業するなら賃貸オフィスを利用しよう|物件探しの方法を紹介 All Rights Reserved.