レンタルオフィスの特徴

スーツの人達

基本的な設備

賃貸オフィスは、居住用の賃貸スペースとは異なり、事業運営を行う上で必要になる設備が整備されているのが一般的です。一般的に整備されている設備としてまず第一にあげられるのが、オフィス機器の設置に必要となる配線設備です。事業用のオフィススペースでは、コピー機や電話機、FAXといった通信機器に加え、数多くの業務用パソコンが必要になります。こうした機器にはそれぞれ電源や、インターネット環境と接続するためのランケーブル設備が必要になります。居住用住宅にはこうした配線設備は必要最低限しか整備されていませんが、賃貸オフィスの場合は多くの電源やランケーブル配線が整備されているのが一般的です。また、賃貸オフィススペースの空調を管理する設備も整備されているのが一般的です。居住用住宅には数台のエアコンを取り付ける設備が具備されているのが一般的ですが、賃貸オフィスの場合はエアコンではなく、セントラルヒーティング型のエアコン設備が整備されているのが一般的です。こうした空調設備はオフィスビルの管理室で一括管理されており、テナントの営業時間にあわせてコントロールされます。その他、賃貸オフィス特有の設備としては、オフィス入り口のセキュリティシステムです。セキュリティシステムはビルによって異なりますが、最先端の賃貸オフィスの場合は、従業員の諮問認証によって開閉できるオフィスゲートや、従業員カード認証によって開閉するゲートがあります。

Copyright© 2017 開業するなら賃貸オフィスを利用しよう|物件探しの方法を紹介 All Rights Reserved.